第1回給付金詐取、掲示板の情報から… 現れた同姓同名の偽物

有料会員記事

堀越理菜
[PR]

 「申請したのに、なぜ振り込まれないのだろう」

 能登半島の北部にある石川県能登町。イカ漁が盛んな人口1万6千人ほどの小さな町に暮らす男性(61)は、昨年6月中旬、漁港近くの町役場を訪れた。

 約1カ月前、男性は新型コロナウイルス対策として国民に一律10万円を給付する国の特別定額給付金の紙の申請書を、郵送していた。自身と家族4人分の計50万円はなかなか振り込まれなかった。支給事務を担った町に確認したかった。

 町役場3階の総務課の窓口。職員から思わぬ答えが返ってきた。

 「振り込みましたよ」。

「え、なんで?」。狐につままれた思いをした男性。それから間もなくして、事件は思わぬ展開を見せます。

 職員が見せたのは、男性が郵…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載なりすまし 給付金詐取事件(全3回)

この連載の一覧を見る