誘拐殺害事件、被告「黙秘します」 弁護人は無罪主張

[PR]

 名古屋市中区の岡田亮祐さん(当時28)が誘拐されて殺害され、遺体を損壊された事件で、殺人や生命身体加害誘拐、死体損壊などの罪に問われた元会社役員野間裕司被告(33)=住所不定=の裁判員裁判の初公判が8日、名古屋地裁(斎藤千恵裁判長)で始まった。野間被告は「黙秘させていただきます」と述べ、弁護人は無罪を主張した。

 起訴状によると、野間被告は知人の男ら3人と共謀し、2018年2月23日、岡田さんを誘拐し監禁して暴行。同月25日にかけて岡田さんを殺害後、包丁などで遺体を切断し、元大学生の男に手伝わせて燃やしたとされる。

 この事件をめぐっては、野間被告を含め5人が逮捕された。野間被告の指示を受けて岡田さんを誘拐し、野間被告とともに監禁して暴行した共犯者3人はいずれも生命身体加害誘拐、逮捕監禁、傷害の罪で有罪が確定。野間被告とともに岡田さんの遺体を燃やした元大学生は死体損壊罪で有罪が確定している。