船内からコカイン35キロ、99億円相当 韓国で押収

ソウル=神谷毅
[PR]

 韓国の海洋警察当局は6日、南部の釜山にある釜山新港に停泊していたリベリア船籍のコンテナ船から、コカイン約35キロ、末端価格で約1050億ウォン(約99億円)相当を押収したと発表した。

 コンテナ船が南米のコロンビアを出港して韓国に向かっていた際、船内に大量のコカインが隠されているとの情報提供が韓国海洋警察にあり、捜査を進めていた。35キロは100万人が使用できる量だという。

 船員はギリシャ人やロシア人、ウクライナ人ら24人。海洋警察は船員がコカインの運搬に関わっていたかや、流通経路などについて調べを進めている。(ソウル=神谷毅)