深夜のヤミ営業、ばれた 行政からのメールに震えた店主

有料記事

矢島大輔
[PR]

 「貴店舗におかれましては、確認できた範囲では、営業されているとの報告がございます」

 1月下旬。大阪市内の居酒屋に1通のメールが届いた。送り主には「大阪府」とあった。

 店主の40代男性は読みながら震えが止まらなかった。時短要請に応じる代わりにもらえる協力金の申請時、府に伝えたアドレスに送られてきた。

 「ヤミが、ついにばれたんか」

 店は、昨年11月末から大阪…

この記事は有料記事です。残り1475文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。