[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2020年4~12月期決算の純利益は3兆551億円で、前年同期比で6倍超となった。SMBC日興証券によると、純利益が3兆円を超えるのは日本企業で初めてで、過去最高。売上高は4兆1380億円(前年同期比6・1%増)だった。SBGの純利益が3兆円超えした主な理由は世界的な株高で、傘下の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」による投資先の株価が好調だったため、巨額の含み益を計上した。