孫正義氏、最高益に「やっと収穫期」 最大リスクは中国

有料会員記事

井上亮
[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2020年4~12月期決算は、純利益が前年同期と比べ6倍超の3兆551億円だった。SMBC日興証券によると、通期決算を含め日本企業で過去最高。傘下の投資ファンドの投資先企業の価値が上がり、巨額の含み益をもたらした。ただ、保有株の中身を見ていくと、今後も順調に推移するかは中国の「政治リスク」がカギを握りそうだ。

 グループ企業では携帯電話大手のソフトバンクが堅調で、売上高は同前年同期比6・1%増の4兆1380億円だった。SMBC日興証券によると、純利益では、2018年3月期のトヨタ自動車(2兆4939億円)がこれまでの最高だった。

 SBGの業績をめぐっては、昨年は米シェアオフィス大手「ウィーワーク」の経営悪化に伴う巨額の損失が響き、投資事業が足を引っ張った。今期は一転、世界的な株高を追い風に急回復した格好だ。

 傘下の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」では今期、米料理宅配大手「ドアダッシュ」をはじめ、8社が上場。投資先の米配車大手「ウーバー・テクノロジーズ」も株価が好調で、1・5兆円の含み益が出た。投資先の未上場企業の価値も上がり、孫正義会長兼社長は8日の記者会見で「やっと収穫期に入り始めた」と話した。

 SBGは財務改善などのために4・5兆円の資産売却をすると3月に発表。すでに目標を超える5・6兆円を資金化したことも市場に好感され、SBGの株価は8日の終値で9485円と、2000年のITバブル以来の高値を付けた。

 ただ、成長軌道に戻したよう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら