軍港移設、「オール沖縄」側に難題 玉城知事は容認姿勢

沖縄はいま

藤原慎一、国吉美香、菊地直己
[PR]

 米軍那覇軍港(那覇市)の移設受け入れの是非が争点となった7日の沖縄県浦添市長選は、移設を容認する現職の松本哲治氏(53)が、移設反対の新顔を破り3選を果たした。松本氏は「苦渋の決断を理解いただいた」と手応えを口にし、支援した菅政権も移設を進めていく構え。一方、移設を容認しつつ、新顔を支援した玉城デニー知事は、支持勢力「オール沖縄」との関係で難しいかじ取りを迫られそうだ。

 開票結果は松本氏が3万3278票。玉城知事や立憲、共産、社民、沖縄社会大衆の各党が支援した前市議の伊礼悠記氏(38)は2万2503票だった。

 当選から一夜明けた8日、松本氏は取材に対し「総合的な判断として、私が下した苦渋の決断をご理解いただいた。自然環境保護に努めていくのは絶対条件」と述べ、慎重に計画を進めていく意向を示した。また「軍港を造ることを納得できない市民はたくさんいると今でも思う。私の名前を書いた人でも」と語り、多くの市民は本来移設を望まず、思いとしては依然として反対が強いとの認識を改めて語った。

 松本氏を支援した菅政権にとっては、1月の宮古島市長選からの連敗回避だけでなく、知事の足元を揺さぶる好材料を得る結果となった。加藤勝信官房長官は8日の記者会見で選挙結果を受けての政府の対応を問われ「地元における検討が進むことを期待しているし、那覇港湾施設(那覇軍港)の返還に向けて連携して取り組んでいきたい」と述べた。

 一方、玉城知事は8日朝、記者団から受け止めを聞かれ「さまざまな民意が寄せられる選挙」と応じた。ただ、「民意は軍港移設を前に進めろということか」と重ねて問われると「選挙結果は、そのように受け止めている」と語った。

 支持勢力内は移設について賛否が割れている。県政与党県議の一人は「非常にわかりにくく、オール沖縄側が不誠実にも見える構図になってしまった」と嘆く。来秋の知事選に向け「政府のペースで軍港移設が進むことだけは避けなければいけないが、容認の知事に翻意を迫るべきかどうか、答えを出すのは容易でない」と話した。(藤原慎一、国吉美香、菊地直己)

沖縄はいま

沖縄はいま

続く本土との溝、揺れる米軍基地問題。沖縄でいま、何が起きているのか。[記事一覧へ]