雪組トップ望海風斗、異例のラストデー 涙と笑顔で別れ

[PR]

 涙を浮かべ、最後は笑顔で――。宝塚歌劇団の雪組トップスター望海風斗のぞみふうと)が8日、トップ娘役の真彩希帆(まあやきほ)とともに宝塚大劇場兵庫県宝塚市)の舞台を去った。

 午後4時20分ごろから始まったサヨナラショー。望海は黒の衣装で花を手にして「ドン・ジュアン」の楽曲を妖しく歌い上げた。

 さらに「ファントム」の「Home」も披露。花組時代にCSの専門チャンネルで真彩とデュエットし、トップコンビになって再びふたりを結びつけた大切な曲だ。望海と真彩は雪の結晶をあしらった薄緑の衣装に身を包み、美しいハーモニーを響かせた。

 最後は雪組生と一緒に「Music is My Life」を大合唱。客席のペンライトをみつめ、声を詰まらせる場面もあった。

真彩「世界一幸せな娘役」

 この公演で退団するのは計8…

この記事は有料会員記事です。残り1019文字有料会員になると続きをお読みいただけます。