小6自殺、いじめ認定するも「主因でない」 第三者委

有料会員記事

石原剛文
[PR]

 千葉県野田市の市立小学校6年の男児が2019年7月に自殺した問題で、いじめの有無などを調べていた第三者委員会「市いじめ問題対策委員会」は8日、いじめがあったことは認定したものの、自殺の主な原因とは判断しない調査結果を市教育長に答申した。目立つ児童への支援を教職員が積極的に行いがちだと問題提起し、「SOSを出すことが苦手な子への支援のあり方」を念頭に置いた再発防止策を要望した。

 調査報告書などによると、男児は19年7月13日、午前中の土曜授業に出席した後、自宅で自殺した。遺族が調査を望んだこともあり、市教育委員会は「重大事態」として第三者委を同月に設置。男児が通っていた小学校の6年生約130人や担任らに聞き取りをするなど調査を続けてきた。

 男児は6年生の時、別の児童から机を離されたり、机の上に教科書を立てて壁をつくられたりしたほか、プリントなどを投げるようにして渡されたりした。

 男児が授業で音読をつっかえると、この児童に「練習してないじゃん」と言われた。男児は下校時、友人に「おれは暴言をはかれている」などと話し、帰宅後も母親にそう話した、とされる。男児はこの日、自殺した。

 第三者委は男児が受けた行動について「高学年の学校生活ではしばしば見られるありふれた行為」とする一方で、「心理的な影響を与える行為」ととらえ、累積が相当のストレスになったのではと指摘。男児は友人に「嫌だ、ひと泡ふかせてやりたい」と話しており、いじめがあったと認定した。

 一方で、どの時点で自殺を決意したかを結論づける情報は得られなかったという。男児は規律を守り思いやりがある性格だが、いじめについて相談するべき内容かどうか分からず1人で苦しみ、周囲に心境の重大さが伝わらなかったことが考えられると説明。机を離されるなどしたことはストレスになりうるが、第三者委は「いじめだけが、明らかに自殺の要因であるとは判断できなかった」と結論づけた。

 学校では、教師が机を離され…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら