雲竜渓谷の氷世界、そろそろ終盤

梶山天
[PR]

 栃木県日光市の雲竜渓谷で滝が凍り、周辺に神秘的な世界が広がっている。厳冬期限定の造形美で、シーズンも最終盤という。

 渓谷は女峰山の中腹に位置する。1月下旬から2月中旬ごろにかけて、わき水や滝が凍って巨大な氷瀑(ひょうばく)や氷柱(ひょうちゅう)群をつくり出す。渓谷ツアーを実施する「ワンプレイト」の室町直(なお)代表(43)は「見ごろは11日ごろまで。軽装で訪れる人も見かけるが、氷が解け始めているので、冬山対応の装備で入山してほしい」と呼びかけている。(梶山天)