「開催祈るが…科学に依拠を」 バイデン氏、五輪に言及

有料会員記事

ワシントン=渡辺丘
[PR]

 バイデン米大統領は7日、ラジオ番組に出演し、東京五輪パラリンピックについて「安全に開催できるかどうか科学に基づいて判断されるべきだ」と語った。「開催できることを願っているが、まだ分からない」とも述べた。バイデン氏が就任後、東京五輪開催の判断をめぐり、公に発言したのは初めて。

 バイデン氏は「4年に1度のために努力している選手が、突然その機会を失うことを想像してほしい。胸が痛む」と選手に配慮したうえで、「我々は科学を重視する政権だ。他の国もそうだと思う」とした。

 また、「日本の首相と話した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。