第2回ウソとも言い切れない巨人伝説 進撃の日田、隣町の空想

有料会員記事

真野啓太
[PR]

 「ウルトラマン」や「エヴァンゲリオン」の映画、完結が近いマンガ「進撃の巨人」など、今年は大きな人間「巨人」がモチーフのSFやファンタジーが目白押しです。

 ところで、人はなぜ、巨人の物語が好きなのでしょうか。神話の時代から活躍し、現在も巨人がつくったと言われる山や池が各地にあります。巨人はどんなときに現れたのか。今もどこかに巨人はいるのか。「巨人のあしあと」が残る土地を訪ねます。

拡大する写真・図版マンガ「進撃の巨人」の銅像ができた大山ダム。「進撃の日田」ののぼりが何本も立っている=2020年11月、大分県日田市、真野啓太撮影

 人気マンガ「進撃の巨人」に登場する巨人よりもさらに大きな巨人が、作者の諫山創(はじめ)さんの故郷の近くにいたらしい。巨木を切り倒した、木こりの巨人の伝説だ。お話の最後には、巨体に負けない、壮大なオチが待っていました。

巨人の出没情報をお寄せください。朝日新聞福岡本部報道センター文化グループ(〒812・8511 福岡市博多区博多駅前2の1の1)まで。

 諫山さんは大分県の内陸部、日田市の出身。「進撃」ブームに乗り、日田市では「進撃の日田」と銘打って、町おこしをしている。昨秋には市内のダムに、マンガの登場人物の銅像ができた。ダムの堤体を、巨人から人類を守る「壁」に見立て、物語の序盤の場面を再現している。

 本稿の舞台は日田市の隣、玖珠(くす)町。巨人の働きでできたと語り継がれる山がある。盆地からぽっこり飛び出した「伐株山(きりかぶさん)」だ。ふもとからの高さが約350メートルになる山は、かつては高さ1万メートルのクスノキの巨木だった、と伝わる。

拡大する写真・図版巨人が巨木を切り倒したあとだと伝わる「伐株山」。ふもとからの高さは約350メートル=大分県玖珠町

 町の語り部、秋好民子さん(77)は「伐株山」と題された紙芝居を、こう始める。

 〈むかし、玖珠盆地の真ん中に、天まで届く、なんでも8万年もたつという大きなクスノキが立っていました〉

 木が巨大な陰をつくるため、ふもとの村は年中、日照不足だったそうだ。米や野菜が育たず、村人は病気がちで、困っていた。そこへ巨人が通りかかり、村人と協力して木を切り倒す、というあらすじだ。

拡大する写真・図版語り部の秋好民子さんは、伐株山の伝説の紙芝居の読み聞かせをしている=大分県玖珠町

 驚くのは、巨人のサイズだ。身の丈は900尺(約270メートル)と伝わる。「進撃の巨人」に恐怖の象徴として登場する「超大型巨人」(60メートル)の4・5倍にもなる。

 なぜこのような巨人の民話が生まれたのか。地元では、先祖が伐株山の一風変わった形を見て、想像力をふくらませたのだろうと考えられている。木の根元を思わせる急斜面と切断面のように平たい山頂は、地学では「メサ」と呼ばれる珍しい地形だ。

 伐株山の民話は、木が倒れて終わりではない。秋好さんの語りは、こう続く。

玖珠町の象徴的な存在に、「日本のアンデルセン」と呼ばれた童話作家がいます。「かくれた巨人」とされる作家の足跡をもとに、巨人についての「語り」と「騙り」を思案しました。

 〈たおれたクスノキの大木が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら