「二番底」にあえぐホテル、サブスク導入も 集客手探り

有料記事

神山純一
[PR]

 2度目の緊急事態宣言が出され、宿泊客の落ち込みに見舞われたホテル業界。団体旅行客や出張客の回復が当面見込めないとして、新たな集客策にかじを切り始めた。サブスクリプション定額制)商品を販売したり、家具チェーン「イケア」の協力で部屋を新設したりと取り組みは様々だ。

 ホテルニューオータニ大阪(大阪市)は8日、ホテルの部屋を30日間使える新プラン「デイユース サブスクリプション」の提供を始めた。午前8時から午後8時まで利用でき、税込み30万円。通常は2万円程度するダブルやツインの部屋を1日1万円で使える。

 同ホテルによると、昨年11月までは政府の観光支援策「Go To トラベル」の効果などで客室の稼働率は9割を超える日もあったが、再びの宣言で失速。1月は3割、2月は2割程度に急落し、昨春の宣言以来の「二番底」の厳しさに直面しているという。

 インバウンド訪日外国人客

この記事は有料記事です。残り582文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。