池袋暴走「私の前で真実明らかに」 民事訴訟で遺族陳述

有料会員記事

新屋絵理
[PR]

 東京・池袋で2019年、暴走した車により妻と長女を失った松永拓也さん(34)らが、運転していた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(89)=自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)罪で公判中=などに対し、計約1億7千万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が9日、東京地裁鈴木秀雄裁判長)であった。

 飯塚被告側は請求の棄却を求めたが、被害者救済のため早期の和解を希望するともした。検察側が刑事裁判で主張したブレーキとアクセルの踏み間違いについては、認否を留保した。

 松永さんはこの日の法廷で、「何に代えても守りたい大切な命だった。私の前で、真実を明らかにしてほしい」と言葉を詰まらせながら訴えた。

 陳述要旨は以下の通り…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。