中国政府、「クラブハウス」規制か 台湾などの議論警戒

北京=西山明宏
[PR]

 米国発の音声型のSNS「Clubhouse(クラブハウス)」が8日夜、中国本土で使えなくなった。台湾や香港の問題など政治的な内容が自由に議論されていることから、中国内での影響拡大を警戒する中国政府が規制に踏み切ったとみられる。

 クラブハウスは招待制で、テーマごとに「ルーム」と呼ばれる交流の場所をつくり、利用者同士で音声だけの会話を楽しむ。香港メディアによると、中国でも利用者が増え始める中、台湾や香港国家安全維持法などの問題を台湾や香港の利用者と議論している点が注目されていた。

 中国当局は国内で米フェイスブックツイッターLINEといった海外のSNSの利用を制限するなど、情報統制を強めている。クラブハウスの利用者が中国内で急増して影響力が大きくなる前に、規制した可能性がある。(北京=西山明宏)