橋本五輪相、二階氏発言「不適切」 ボランティアめぐり

[PR]

 東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言を受けたボランティア辞退の動きをめぐり、自民党二階俊博幹事長が「落ち着けば考えが変わる」と発言したことを受け、橋本聖子五輪担当相は9日、「不適切だった」と述べた。衆院予算委員会で、立憲民主党の亀井亜紀子氏の質問に答えた。

 森氏の発言の後、約390人の大会ボランティアが辞退した。これについて二階氏は8日の会見で「落ち着いて静かになったら、(ボランティアを辞退した)その人たちの考えもまた変わる」と発言。「どうしてもおやめになりたいということだったら、また新たなボランティアを募集する、追加するということにならざるを得ない」とも述べた。

 この発言について亀井氏は9日、「ボランティアへの感謝が感じられない。物ではない。不適切ではないか」と指摘した。橋本担当相は「ボランティアが不快な思いをしている。その思いを真摯(しんし)に受け止めて発言しなければならなかった」とし、「発言の真意は把握していないが、不適切だったと思う」と述べた。

 亀井氏ら野党の女性議員の有志はこの日、女性の政治参画の思いを込め、白いスーツ姿で審議に臨んだ。