森氏発言を閣僚批判 小泉氏「くじかれた思いの方多い」

[PR]

 東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言を受けて、9日の衆院予算委員会では閣僚から批判の声が相次いだ。

 元五輪選手でもある麻生太郎財務相は、この発言が国内外で批判を呼んでいることを踏まえ、「国益に沿わないことははっきりしている」と述べた。

 小泉進次郎環境相は、妻の滝川クリステル氏が東京五輪パラリンピック招致活動に尽力した。「家での会話は外で話すものではない」とした上で、「長年、日本は女性活躍が進まない国といわれている中で、努力を重ねてきた方々が多くいるが、このことによって『やっぱり日本は変わらない国なのか』と国際社会からみられているのなら残念だし、くじかれた思いの方が多くいる」と述べた。いずれも立憲民主党の山本和嘉子氏の質問に答えた。

 一方、森氏の発言後に約390人の大会ボランティアが辞退したことについて、自民党二階俊博幹事長が8日の会見で「落ち着いて静かになったら、(ボランティアを辞退した)その人たちの考えもまた変わる」と発言。「どうしてもおやめになりたいということだったら、また新たなボランティアを募集する、追加するということにならざるを得ない」とも述べた。 これについても麻生氏は「非常に大きな大会では、ボランティアは必要な、大きな力だ。そういった方々に対する敬意を欠いている」とも語った。

Think Gender

Think Gender

男女格差が153カ国中121位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]