洋画家の偽版画も流通 6作品を鑑定、真作と異なる点

[PR]

 平山郁夫など日本画家3人の作品を元に作った偽物の版画が流通していた問題で、別の画家の作品の偽物もあることが、関係者への取材でわかった。販売元は不明だという。画家の遺族らが経緯を調べている。

 偽物が見つかったのは、1985年に38歳で早世した洋画家の有元利夫(1946~1985)の作品の版画。遺族や美術商などの専門家でつくる鑑定委員会によると、昨年12月、外部から「MAGIC 占いの部屋」や「遊戯」などの6作品の版画について真贋(しんがん)鑑定を依頼された。調べたところ、いずれも色合いやサインなどに真作と異なる点があった。複数枚の偽物が確認された作品もあったという。

 鑑定委員会は今年1月末、6作品の版画の真贋鑑定をする「登録委員会」を設立。今後購入者から相談を受け付けるという。委員の一人は「誤って偽物を買ってしまう人を一刻も早く守りたい」と話している。

 この問題では、日本画家平山郁夫、東山魁夷、片岡球子の計10作品の偽物の版画の流通が発覚。全国約40の画商でつくる「日本現代版画商協同組合」(東京都)の調査に、大阪府の画商の男性が販売していたことを認めており、昨年末に除名された。関係者から相談を受けた警視庁著作権法違反容疑で捜査している。