デンソー、ミャンマー工場再び停止 抗議デモの拡大で

[PR]

 トヨタ系自動車部品大手のデンソーは、ミャンマー国軍のクーデターに対する抗議デモ拡大を受け、最大都市ヤンゴンにある工場の稼働を再び停止した。従業員の安全を確保するため、8日に稼働を止め、再開は「現地の状況を見ながら検討する」(広報)という。

 同工場はクーデターを受け、今月1~3日に稼働を止めたが、4日に再開していた。従業員は、日本人駐在員を含めて約60人。車のフロントガラスの洗浄液を流す「ウォッシャーホース」を生産している。