順位戦で昇級の藤井聡太二冠 名人へ向け「鬼」に挑む

有料会員記事

村瀬信也
[PR]

 将棋の名人戦につながる順位戦で、藤井聡太二冠(18)がB級1組への昇級を決めた。3月の最終戦を待たずに昇級が決まるのは2年連続で、順位戦の通算成績はこれで38勝1敗。驚異的なペースで白星を積み重ねている。新年度からは「鬼のすみか」の異名で知られるクラスで、さらに厳しい戦いに臨むことになる。

 第79期将棋名人戦・B級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の10回戦12局は9日、東京と大阪の将棋会館で一斉に行われた。B級2組は、五つある順位戦のクラスの真ん中に当たる。初参加の藤井二冠は、無傷の8連勝でこの日を迎え、東京・将棋会館窪田義行七段(48)と対戦。窪田七段の四間飛車に的確に対応し、勝利した。対局後、「勝って昇級を決めることができて良かった」と話した。

 藤井二冠はこの日の勝利で…

この記事は有料会員記事です。残り641文字有料会員になると続きをお読みいただけます。