癒やしと毒気と 人形アニメ「モルカー」を手がけた新鋭

有料会員記事

小原篤
[PR]

 モルモットが車になった「モルカー」たちの愉快な騒動を描く人形アニメ「PUI PUI モルカー」が、人気沸騰している。月~金曜朝7時30分のテレビ東京系「きんだーてれび」内で、1月から毎週火曜に放送中。1話3分弱で、子ども向けのはずだが癒やしの魅力に大人たちがハマり、ツイッターで一時トレンド入りしたほどだ。

 フェルトでできたモルカーのまるまっちいフォルムとつぶらな瞳、短い手足のようにタイヤをちょこまかと動かす様が可愛くてたまらない。中に乗るドライバーは人間の役者が演じているが、マナーのなってない困った人たちだったりして、ちょっと風刺というか毒気が薫る。

 原案(共同)・脚本・監督の見里朝希(みさとともき)は1992年生まれで、2018年に東京芸術大学大学院映像研究科アニメーション専攻を修了した新鋭。武蔵野美術大学にいた頃から、学生作品ながら(と言っては失礼だが)ひねりがきいてきっちりオチが付いたエンターテインメントをコンスタントに送り出していた。

 「モルカー」に対する大きな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら