[PR]

 岐阜県関市は9日、同市出身で昨年末の「第62回日本レコード大賞」を受賞した歌手のLiSAさんに市民栄誉賞を贈った。LiSAさんが歌う人気アニメ「鬼滅の刃」の主題歌にちなみ、刃物産地の伝統技術を生かして製作した模造刀(刀身約71センチ)を贈る。

 LiSAさんは中学2年の時にロックに目覚め、地元でバンド活動。母親の猛反対を押し切って20歳で上京し、下積み生活を経て、アニメ「Angel Beats!」に登場するバンドのボーカルのオーディションに合格。その歌唱力が評価され、2014年1月には日本武道館のステージに初めて立った。

 「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」が記録的ヒットとなり、19年のNHK紅白歌合戦に初出場。「炎(ほむら)」で昨年末のレコード大賞を受賞した。

 LiSAさんは「関市民栄誉賞をいただきとても光栄です。これからも音楽に真摯(しんし)に取り組んで参ります」とコメント。記念品の模造刀のデザインは、市内の中学生約1500人が「LiSAさんに似合う刀」を投票し、選んだ。

 尾関健治市長は「若い世代に人気があり、子どもたちのあこがれの存在。地元の誇りでもあり、ぜひコンサートを開いてほしい」と話した。同賞は染織技法「紋紗(もんしゃ)」の人間国宝、土屋順紀さんに次いで2人目。(松永佳伸)