違反40年、経営陣も黙認 「出荷のために効率を優先」

有料会員記事

三井新、鈴木智之
[PR]

 福井県あわら市の小林化工が、過去最長116日間の業務停止命令を受けた。法令違反は約40年に及び、経営陣が違法性を認識しながら黙認したことを「最大の問題」と指摘された。同社幹部らは会見で、謝罪の言葉を繰り返した。

 「患者様に甚大なる健康被害を発生させましたことを改めて心から深くおわび申し上げます」

 福井県あわら市の小林化工では9日、午後5時半から小林広幸社長ら幹部が会見を開いた。小林社長は繰り返し頭を下げ謝罪し、辞意も表明した。

 県は過去最長116日間の業務停止処分をしたおもな根拠として、法令違反の常態化と経営陣が違法性を認識するなど、製品の安全性をないがしろにした同社の姿勢を挙げた。

 県によれば、皮膚病薬イトラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら