川村カ子トアイヌ記念館の川村館長死去 旭川

芳垣文子

 【北海道】100年を超える歴史がある私設の「川村カ子(ネ)トアイヌ記念館」(旭川市)の館長で、旭川アイヌ協議会会長の川村シンリツ・エオリパック・アイヌ(兼一)さんが9日、大腸がんのため旭川市内の病院で亡くなった。69歳だった。

 通夜は11日午後6時、葬儀は12日午前10時、旭川市川端町5条10丁目2の11のベルコ川端シティホールで。喪主は妻久恵さん。連絡先は旭川市北門町11丁目の同記念館(0166・51・2461)。

 アイヌ古民具などを数多く展示した同記念館は、川村さんの祖父で上川地方のアイヌ民族の長(おさ)だった川村イタキシロマ氏が1916年に造った「アイヌ文化博物館」が前身。規模を拡大した父カ子ト氏から館長を引き継ぎ、3代目としてアイヌ文化の発信や伝承に力を尽くしてきた。

 2009年度にはアイヌ文化の保存や伝統、発展に寄与した個人や団体に贈られるアイヌ文化奨励賞(個人)を受賞した。近年はアイヌ民族の権利回復などを目指す「ピリカ全国実行委員会」代表を務め、遺骨問題などにも取り組んでいた。(芳垣文子)