ワクチン接種、6月に高齢者完了なら…学者らが効果試算

新型コロナウイルス

山本知弘
[PR]

 高齢者へのワクチン接種が6月末までに完了すれば死者数が6千人以上減り、経済損失も抑えられる――。9日に開かれた政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会では、こんな試算の結果が示された。10都府県で続いている緊急事態宣言が期限の3月7日に解除され、4月第1週から、週400万人のペースで接種が進む場合の試算結果としている。

 分科会メンバーで経済学者の大竹文雄氏と小林慶一郎氏が資料としてまとめ、分科会に出した。接種が先行する諸外国並みの週160万人ペースと比べ、今年末までの累積死者数は6千人以上減り、国内総生産(GDP)も0・08%程度改善できるとした。一方で、接種が週100万人ペースだった場合には、死者数は1万人以上増えるという。

 西村康稔経済再生相は分科会後の記者会見で「段取り、準備をしっかりと行い、着実に接種が進めば経済面でも効果がある」と述べた。(山本知弘)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]