9連勝で順位戦昇級の藤井聡太二冠 ポイントの対局は

有料会員記事

村上耕司
[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=が9日、東京都渋谷区将棋会館で指された第79期将棋名人戦・B級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の10回戦で窪田義行七段に勝ち、開幕から無傷の9連勝でB級1組への昇級を決めた。藤井二冠は終局後、これまでの対局やB級1組の印象、今後の目標について、記者の質問に答えた。一問一答は次の通り。

――B級1組への昇級が決まりました。昇級が決まった感想を。

「昇級する可能性が高い状況ではあったんですけど、勝って昇級を決められたのはよかったと思います」

――負けた場合の条件は考えましたか。

「一応知ってはいたんですけど、対局に臨むにあたっては、それは考えないようにしようとは思っていました」

――昇級の一番、どのように臨もうと思っていましたか。

「ふだん通り、じっくり考えて指せればと思っていました」

――9連勝の成績について、どう考えていますか。

「難しい将棋が多かったんですけど、一局一局、しっかりと考えて指してこられたのが結果につながったかなと思います」

――9局を振り返って、どの対局が印象に残っていますか。

「初戦の佐々木勇気七段との一…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【本日23:59まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら