変異ウイルス感染者、13人確認 11人は同じ施設利用

新型コロナウイルス

[PR]

 厚生労働省は9日、英国や南アフリカで報告されている変異ウイルスが、9県で新たに20~50代の男女計13人から見つかったと発表した。このうち英国の変異株の感染が確認された11人は、栃木、茨城、福島、埼玉、長野、神奈川、静岡、新潟、群馬の各県在住。同じ施設を利用した職場の関係者といい、厚労省クラスター(感染者集団)が発生したとみている。いずれも海外渡航歴はなく、滞在歴のある人との接触も確認されていないという。

 残る2人は神奈川県の40代男性と50代女性で、南アフリカの変異株の感染が確認された。4日に変異株の感染が公表されたアフリカ滞在歴のある50代女性の濃厚接触者という。

 変異株の感染は、国内と空港検疫を合わせて105人になった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]