[PR]

 肺の不調で入院している福岡県の小川洋知事(71)について、職務代理を務める服部誠太郎副知事は9日、小川氏が肺腺がんと診断され、12日に予定していた公務復帰を延期して入院を続けると発表した。退院時期は未定で、服部氏の職務代理期間は3月31日まで延長する。

 服部氏は9日、県庁で臨時記者会見を開き、九州大学病院(福岡市東区)に入院中の小川氏の病状について説明。原発性の肺腺がんと診断され、胸に水がたまる症状があるという。7日に面会し、9日も電話で話したという服部氏に対し、小川氏は「公務復帰をめざして治療を受けてきたが、12日の復帰は断念せざるを得ない」と話し、職務代理期間を3月末まで延長すると伝えたという。

 服部氏によると、退院時期は決まっていないが、小川氏は「しっかり治療を受け、一日も早く職務に復帰したい」と話しているという。3月末までに復帰できなかった場合の対応を問われた服部氏は「知事が的確に判断される」と述べるにとどめた。

 福岡県では現在、新型コロナウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら