借りて住みたい街、本厚木が1位 コロナ禍のシフト鮮明

南日慶子
[PR]

 不動産情報サイトを運営するライフルは9日、2021年版の「住みたい街ランキング」を発表した。首都圏の「借りて住みたい街」では、本厚木(神奈川県)が1位(昨年は4位)、大宮(埼玉県)が2位(昨年は5位)と、コロナ禍での郊外シフトが鮮明になった。

 20年のサイト掲載物件の問い合わせ数をもとに集計した。昨年まで4年連続1位の池袋(東京)は5位だった。

 分析したライフルホームズ総研によると、「広さは変えずに賃料を下げたいというニーズが強い」(中山登志朗副所長)といい、1位の本厚木は都心への交通アクセスの良さに加え、賃貸物件の多さ、家賃の安さなどが評価されたという。

 「買って住みたい街」は都心志向が強く、勝どき(東京)が2年連続で1位、昨年19位の白金高輪が2位だった。本厚木が昨年11位から3位に、柏(千葉)が昨年15位から7位に浮上し、利便性の高い郊外都市の一部も人気だった。(南日慶子)