IOC「不適切」声明への対応、加藤長官「組織委で」

[PR]

 東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)が発表した「極めて不適切で、IOCが取り組む改革や決意と矛盾する」との声明への対応について、加藤勝信官房長官は10日午前の記者会見で「大会組織委は政府と独立した法人だ。組織委として一つ一つ、対応は考えていくと思う」と述べた。政府として強く関与しない姿勢を示した形だ。

 加藤氏は声明について「ジェンダー平等に関するIOCのスタンスを述べられたものと理解している」とした。五輪開催に与える影響については「声明の大半はIOCとしての取り組み、今回の五輪においてどうするかが書かれていた。IOCが進めてきたことにつながる大会にしていく必要がある」などと述べるにとどめた。