転落寸前、握った妹の手 悪夢見た姉問う「きょうだい」

有料会員記事

高橋健次郎
[PR]

 いつもにこにこしていた妹が、表情を失った。かと思えば、刃物やお皿を投げつけてきた。

 幻覚であらわれた「敵」と戦っているらしいと分かったのは、10歳の頃に、妹が統合失調症との診断を受けてからだ。

 五つ年上の姉、三間瞳さん(37)は、当時高校生だった。現実を受け止めきれず、妹が発症に至った「犯人」を捜した。

 妹に理解のなかった担任。勉強になじめなかった妹に、「お前は頑張らなくていい」と言った祖父……。

 だが、誰かを責めても現実は変わらなかった。

 統合失調症は、およそ100人に1人が発症するとされる。原因ははっきりしておらず幻覚や意欲の低下、判断力の衰えなどの症状がある。症状をコントロールして日常生活を送る人、回復する人も多い。

 ただ、三間さんの妹の場合は、一進一退をたどった。もう20年余りになる。障害のある妹の「きょうだい」として、三間さんも同じ年月を過ごした。

「つらい」を抱え込んで

 診断後、妹は10代を故郷の東北地方で過ごした。学校に通った時もあったが、精神科病院への入院が長かった。薬で暴力的な言動は抑えられたが、表情はいっそう乏しくなった。

 「親よりも、姉妹同士の方がわかり合えることもある。姉の私にできることがあるのではないか」

 思い悩む一方で、自分の高校生活もうまくいっていなかった。

 学校では生徒どうしの序列「…

この記事は有料会員記事です。残り1710文字有料会員になると続きをお読みいただけます。