[PR]

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言をめぐり、立憲民主、共産、国民民主の野党3党の国会対策委員長は10日、国会内で会談し、森氏の辞任を求める考えで一致した。菅義偉首相が解決のために指導力を発揮することも求めた。

 会談後、立憲の安住淳国対委員長は「森会長の辞任を求めることは当然の認識だ」と記者団に述べた。

 その上で「世界が日本に向けている目は相当厳しいと認識した上で、社会を変える意思があるのか。それとも、嵐が過ぎ去ったら元の通りやるつもりなのか。首相からまったくそういう危機感が表れてこないのが危機だ」と批判した。

 一方、10日の衆院予算委員会…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら