「凡打の逆」とは…急逝から1年、野村克也さんの言葉力

有料会員記事

稲崎航一
[PR]

戦後初の三冠王に輝き、ヤクルトや楽天などで監督を務めた野村克也さん(享年84)が亡くなってから、11日で1年となる。野村さんの残した功績は多いが、野球に関する感覚を「言葉」に起こしたことも、その一つだろう。

 ヤクルトの浦添キャンプで臨時コーチをしている古田敦也氏が言っていた。「話の半分は野村(克也)監督の受け売り。継承するのが僕の仕事でもある。人はこう考えるから、こうやって裏を取っていこうという話がいっぱいある」

 2008年に出版された「古田の様(さま)」(金子達仁著)で古田氏は、野村さんが配球について考えた言葉「凡打の逆」を語っている。

 凡打したら、打者はその打ち…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。