松葉ガニ、前月の半値以下に GoTo停止影響

新型コロナウイルス

矢田文
[PR]

 【鳥取】今季のズワイガニ漁について、1月末までの水揚げ状況を鳥取県がまとめた。松葉ガニ(雄のズワイガニ)の1月の1キロあたりの平均単価は3297円で、前月の半値以下となった。国の観光支援策「Go To トラベル」で高騰していたものの、昨年末の一斉停止で一気に値下がりしたとみられる。

 県水産課によると、昨年11月6日~今年1月末の松葉ガニの水揚げ量は、前年同期比5%減の約280トンで、金額は22%増の約15億2800万円だった。

 今季のズワイガニは、「Go To トラベル」による需要の高まりなどを受け、漁が解禁となった11月から価格が上昇した。1キロあたりの平均単価は、昨年11月は4575円、同12月には8722円と例年のおよそ2倍の値段となっていた。

 しかし、新型コロナウイルスの感染の再拡大により、昨年末に「Go To トラベル」が全国で一斉停止されたことなどにより、需要が激減。1月は競り値が落ち着いたという。(矢田文)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]