期限切れパン「冷凍だから大丈夫」 琵琶湖ホテルが謝罪

有料会員記事

安藤仙一朗、奥平真也
[PR]

 大津市琵琶湖ホテルを運営する京阪ホテルズ&リゾーツは10日、ホテル直営のレストラン「ザ・ガーデン」で、最大で34日間、「消費期限」を過ぎていたパンを提供していたと発表した。会見した琵琶湖ホテルの前田義和・総支配人は、「心からおわびします」と謝罪した。

 消費期限は、食品表示法に基づき、劣化しやすい食品について年月日を表示。その日付を過ぎると食べないほうがいいとされる。

 消費期限を過ぎていたのは、朝食と夕食用に昨年11月14~20日と今年1月3日~2月5日に提供された「ミニシュガーデニッシュ」計1千個と、昨年12月30日~1月31日に提供された「丸ロール」計20個。いずれも冷凍保存していたものといい、このうちミニシュガーデニッシュは、1月2日に消費期限が切れたものを、最大で34日後に提供していたと明らかにした。

 同社は経緯について、冷凍パンと常温のパンが同時に納入された際、従業員が誤って常温のパンも冷凍庫に入れてしまったと説明。提供する際、消費期限切れに気付いた従業員がレストランの副料理長に確認したが、「冷凍しているので問題ない」と判断して提供を続けたとしている。

 朝日新聞はこの問題について…

この記事は有料会員記事です。残り280文字有料会員になると続きをお読みいただけます。