両陛下、東日本大震災の被災者らとオンライン交流へ

 天皇皇后両陛下が今月から3月にかけて、東日本大震災の被災地の岩手県宮城県福島県をオンラインでつなぎ、被災者らと交流することがわかった。震災から10年を機に、復興状況などを画面を通じて見聞きする。

 両陛下は2011年の震災以降、被災3県を3巡し、被災者らと交流を重ねた。新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で、当面は現地訪問ができないなか、お二人の希望を受けてオンラインでの交流となる。

 両陛下によるオンラインを使った被災者らとの交流は今年1月に初めて実施された。お住まいの赤坂御所(東京都港区)と昨年7月に記録的豪雨に見舞われた熊本県の4市町村をオンラインで結び、両陛下が被災者らと対面し、一人ひとりをねぎらった。感染症の拡大を防止するため、被災者らは人数が絞られ、それぞれの自治体の庁舎に集い、実施された。