• アピタル

看護師の4割、離職考えた経験 東北大調査 コロナ影響

新型コロナウイルス

高橋昌宏
[PR]

 【宮城】新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、病院で働く看護師の精神面の健康状態が悪化していることが、東北大のオンライン調査で分かった。約4割が「仕事を辞めたいと思った」「自信がなくなった」と答えており、感染拡大が離職を促す恐れがあるとしている。

 東北大大学院医学系研究科の朝倉京子教授らのグループは昨年12月の全国の感染者数をもとに、10万人あたりの感染者数が相対的に多い地域と少ない地域(計8都道府県)から無作為に病院を抽出。勤務する約1万人の看護師にオンラインで調査し、2割超の2273人から回答を得た。

 新型コロナの感染拡大で、看護職の仕事を辞めたいと思ったことがあるかを尋ねたところ、「たびたびあった」が15・6%、「ときどきあった」が27・3%で、42・9%が離職を考えた経験があったという。

 さらに、仕事を続ける自信を失ったことがあったかを聞いたところ、「たびたびあった」と「ときどきあった」を合わせると42・3%になった。

 精神面のストレスを測る「K6」と呼ばれる指標で、うつや不安障害が疑われるとされる10点を超えた看護職の割合は39・8%で、平時の調査(14年)の20・8%を大きく上回った。

 自由回答では「有休が十分にとれない」「がんばっても報われない。そのうえ、ボーナスは下がるし、国などからの手当ても不十分」「世間はgotoなどで楽しんでいるが、医療従事者は自ら行動を制限しなければならずストレスがたまる」「看護師も人間であることを世間は理解してほしい。看護師を犠牲にしないでほしい」などといった声が数多く寄せられた。

 朝倉教授は「看護師がぎりぎりとなっている状態が続かないよう、少しでも早く感染者を減らす努力を社会をあげて進めることが大事」と指摘する。(高橋昌宏)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]