変異株警戒、独コロナ規制延長 美容室・学校は先に再開

有料会員記事新型コロナウイルス

ベルリン=野島淳
[PR]

 ドイツメルケル首相は10日、各州首相との会議を開き、14日までの予定だった新型コロナウイルス対策のための各種規制を少なくとも3月7日まで、3週間延ばすことで合意した。新規感染者数は減っているものの、感染力が強いとされる変異ウイルスへの警戒を続ける必要があるとの判断だ。

 記者会見したメルケル氏は「変異株は現実のものとなり、今後も増えるだろう。問題はどのくらいの早さで増えるかだ」と述べた。再び新規感染者数が増加に転じる可能性もあり、飲食店や店舗の閉鎖、公共交通機関などでの医療用マスクの着用義務といった制限の延長に理解を求めた。

 ただ、美容室は医療用マスクの着用など衛生管理を徹底することを条件に、3月1日からの営業を認める。学校や保育所も、州の判断で前倒しして再開できることにした。いずれも昨年12月半ばから閉鎖され、再開の要望が強まっていた。

 今後、人口10万人あたりの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]