バイデン氏、対中新戦略を検討 専門チーム設立を表明

有料会員記事

ワシントン=渡辺丘
[PR]

 バイデン米大統領は10日、国防総省で行った演説で、「インド太平洋と世界で、平和と米国の利益を守るため、中国による増大する課題に対応する必要がある」と述べ、中国に対する新たな戦略を検討する考えを示した。新戦略の策定に向けた専門チームを設立することも表明した。

 新たな対中戦略は、在日米軍の展開を含め日本の安全保障にも影響を与える可能性がある。

 バイデン氏国防総省職員らに向けた演説で、「政府を挙げた取り組みと超党派の協力、強い同盟関係が必要だ。それにより中国の課題に対応し、米国が将来の競争に勝てるようになる」と強調した。

 国防総省に新設される「中国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。