PCR検査の資材不足が深刻 輸入減、納期4カ月遅れも

有料会員記事新型コロナウイルス

天野彩、小宮山亮磨、松尾一郎
[PR]

 新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査。街角の民間業者でも受けられるほど身近になったが、PCR検査に欠かせない特殊なプラスチック製などの資材の不足が目立ってきた。輸入が滞り、国内生産も限られ、需要に追いつかないためだ。使用量が少ない一部の地方大学などでは手持ちが底をつきかけ、医療向けの検査機関などにも影響が出始めている。

 入手が困難になっている主な資材は、鼻の奥のぬぐい液や唾液(だえき)などの試料をごく微量取り分けるのに使う「ピペットチップ」や、取り分けた試料をPCR装置にセットするのに使う「PCRチューブ」、細かい作業をしやすい「ニトリル手袋」など。いずれも使い捨てのため大量に必要。滅菌処理済みで品質の高い製品でなければ、検査の精度が保てないリスクがある。

 PCR検査の需要は新型コロナの感染拡大のため世界中で爆発的に急増。現在は国内で1日数万件、世界で数百万件とされる。業界関係者によると、国内流通量の約半分を占めるとされる輸入品は昨年11月ごろから大きく減少。海外メーカーが自国需要の高まりや国際航空便の減少などで輸出を減らしたためという。

 今年1月になって、市場在庫…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]