トヨタ、米国でEV2種投入へ 30年まで7割電動車に

有料会員記事

ニューヨーク=江渕崇
[PR]

 トヨタ自動車は10日、米国で売る新車に占める電動車の割合を2025年に40%、30年には70%近くに高める方針を発表した。年内にも電気自動車(EV)2車種を米国市場に投入するという。バイデン政権誕生も追い風に米国ではEVシフトが加速しているが、トヨタなど日本勢は「出遅れ」が指摘されていた。

 電動車にはEVのほか、エンジンを併用するハイブリッド車(HV)、外部から充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)、水素を使う燃料電池車(FCV)も含む。

 米国市場で売られているトヨタ車の17%程度が電動車といい、この比率を高めていく。トヨタは25年に世界で年550万台の電動車を売る計画を打ち出しており、その一環。新たに米国に投入するEVはスポーツ用多目的車(SUV)となる見込みだ。

 米国では、カリフォルニア州…

この記事は有料会員記事です。残り345文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら