藤井聡太二冠、劇的な最終盤、控室でも「やばくない?」

有料会員記事

村上耕司
[PR]

 第14回朝日杯将棋オープン戦準決勝(朝日新聞社主催、東海東京証券ローソン協賛、ABEMA特別協力)で、藤井聡太二冠(18)が渡辺明名人(36)を138手で破って決勝進出を決めた。「渡辺勝勢」と言われたところから、藤井二冠が渡辺名人に決め手を与えず、最終盤で逆転勝ちした。

 午前10時に対局開始。振り駒で先手になった渡辺の作戦は相懸かりだった。開始からわずか6分で渡辺が仕掛け、いきなり激しい戦いに突入した。渡辺が桂得を果たしたあたりで、解説の木村一基九段は「局面が収まれば渡辺名人が優勢になるんですよ」。数手進んだところでは「形勢はまだなんとも言えないけれど、渡辺名人の主張が通っている。ペースとしては名人かな。若干ですけど」と話していた。

 ほぼ互角の形勢で終盤戦へ…

この記事は有料会員記事です。残り1081文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら