5千万円に疑惑、問題発言…誰もいなくなったTOKYO

有料会員記事

[PR]

 2013年9月、「トーキョー」のかけ声とともに東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの招致が決まってから、7年以上の月日が過ぎた。大会組織委員会の森喜朗会長(83)が11日、辞意を固め、ブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で歓喜した招致の立役者たちは本番前に誰もいなくなった。

 1枚の写真がある。

 20年夏季五輪の招致をめざす東京の招致委員会が13年8月23日、東京都庁で開いた出陣式。最前列で気勢を上げたのは、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長、猪瀬直樹都知事安倍晋三首相森喜朗元首相(いずれも当時)だ。

 半月後、20年大会を勝ち取るが、歓喜の輪はすぐに崩れることになる。

 「徳洲会、猪瀬氏側に5000万円」

 出陣式の3カ月後の13年1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。