濱口竜介監督「偶然と想像」がベルリン映画祭コンペ選出

有料会員記事

佐藤美鈴
[PR]

 世界3大映画祭の一つ、第71回ベルリン国際映画祭で、最高賞の金熊賞を競う長編コンペティション部門に濱口竜介監督の短編集「偶然と想像」が選ばれた。濱口監督は「私にとっての初の短編集。歴史ある映画祭のコンペに選出されることは、とても勇気づけられることでした。キャストやスタッフの仕事の素晴らしさが認められたようで、嬉(うれ)しく思っています」とコメントしている。

 作品は「偶然」と「想像」をテーマにした3話からなるオムニバス映画。脚本も濱口監督が手がけ、2019年夏から約1年半かけて製作された。第1話は「魔法(よりもっと不確か)」で、モデルの芽衣子(古川琴音さん)が、親友のヘアメイク・つぐみ(玄理さん)が話題にした男が2年前に別れた元カレの和明(中島歩さん)だと気付き、どうすべきか思案する、という物語。第2話「扉は開けたままで」は、大学教授の瀬川(渋川清彦さん)が50代にして芥川賞を受賞。落第させられた学生・佐々木(甲斐翔真さん)が逆恨みから彼を陥れようと同級生の奈緒(森郁月さん)に研究室を訪ねさせる、という物語。第3話「もう一度」は、東京でシステムエンジニアになった夏子(占部房子さん)と仙台在住のまま2児の母になったあや(河井青葉さん)が20年ぶりに再会。高校時代の思い出話に花が咲くが、会話は次第にすれ違ってゆく、という物語。作品の日本公開は未定という。

 濱口監督は「短編映画という…

この記事は有料会員記事です。残り544文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!