盟友の口調に心折れた森氏 しゃがれ声で「セービング」

有料会員記事

野村周平 前田大輔、斉藤佑介
[PR]

 「代えがきかない」と言われた東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が辞意を固めた。後任として、日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏に就任を要請した。五輪開幕まで半年を切ったタイミングでの元首相の退場。女性蔑視発言から1週間あまり、舞台裏で何があったのか。

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が辞意を固めた。3日の女性蔑視発言以降、心揺れた1週間で、決定打になったのは「盟友」からの言葉だった。

 謝罪で幕引きするはずだった4日の記者会見で質問をたたみかけられ、「おもしろおかしくしたいから、聞いているんだろ」といら立った森会長への批判は、日に日に厳しくなった。

 森会長は毎朝欠かさず新聞各紙をチェックし、夜はテレビのニュース番組を見て就寝するのが日課だった。報道に意気消沈し、家から外に出られない日々に、家族からは「もう見ていられない」と辞任を勧められていた。それでも、最後までやり遂げずに投げ出すのは無責任、という思いは強く、組織委や与党の幹部らの引き留めに続投する意思を示していた。

 8日夕。その思いは一気に瓦解(がかい)する。

 森会長は東京・晴海の組織委…

この記事は有料会員記事です。残り2202文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら