夫と1年以上も離ればなれ…リモートワークがくれた光

写真・図版

[PR]

 夫の仕事の都合で、家族で上海で暮らしていました。新型コロナウイルス禍で昨年1月、当時8カ月の長男を連れて私は帰国し、いまは山形の実家で暮らしています。夫とは、その後は一度も会えておらず、赤ちゃんだった息子はどんどん大きくなっています。

リモートワークを始めた31歳女性

 夫の中国勤務は、まだしばらく続く可能性が高いのですが、家族一緒に再び中国で暮らせるめどは立っていません。

 私自身は昨年9月、横浜市内の企業の広報業務を請けおうことになりました。完全リモートワークで、子育てと両立しやすく助かります。夫と暮らせないつらさや、やるせなさは消えませんが、仕事を見つけられたことで、「この時間は無駄ではない」と思えるようになりました。

 家族一緒に暮らせることに希望を持ちながら、いまの仕事に精いっぱい取り組みたいと思っています。(山形県、31歳女性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎です。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。