ワクチン、「かかった人」は受けるべきか 専門家に聞く

有料会員記事

聞き手・中井なつみ
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種が、医療従事者を皮切りにいよいよ国内でも始まる。気になるのは、いまだ大都市圏で緊急事態宣言が続くなか、自分が気付かずに感染していた場合に、接種していいのかどうかだ。そもそも、コロナにすでにかかった人は接種する必要があるのか。これらの疑問について、感染した人の追跡調査を行っている横浜市立大医学部の山中竹春教授(医療データサイエンス)に話を聞いた。

 世界で行われているファイザー社やモデルナのワクチンの治験は、「感染したことのない人」を対象に行われているため、「1度感染した人は打たなくてもよいのか」ということについて、世界でもまだ定まった見解はありません。

国内最大規模の追跡調査

 現状は、専門家の間でも二つ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら