日本は学歴階級社会?使いがちな「私ができたんだから」

聞き手・田中聡子 聞き手 編集委員・塩倉裕
[PR]

 「大卒の親の子は大卒」「学歴は親の経済力次第」。生まれによる教育機会の格差を指摘する声が強まっている。日本は学歴によって分断される「学歴階級社会」になりつつあるのか。

「特権次第でスタートに差」長崎県立諫早高校3年の山邊鈴さん

 「そもそも、スタート地点が違う」。私が必死で手に入れたものを最初から持っている同世代と会うたび、そう感じてきました。日本は学歴社会以前に、生まれながらに将来の選択肢が決まっている「階級社会」だと思います。

 長崎県の緑豊かな町で生まれ育ちました。「階級」を実感し始めたのは、高校1年の時です。英語のスピーチコンテストで決勝に進出。意気揚々と東京の会場に赴いたものの、海外で育った子たちの英語の雑談にすらついていけず、強烈な居心地の悪さと恥ずかしさを感じました。惨敗して帰る飛行機の中で、母はつぶやきました。「これで分かったやろ。ここは、別世界の人の場所さ。上を見れば見るほど苦しくなるとよ」

 その言葉の呪いを解こうと、必死に周囲を説得して様々なサマーキャンプやコンテストに参加しましたが、周りの経済的な環境は自分とは違いました。どこに行っても「私は本来ここに居るべきではない」という感覚が付きまとい、行き場のないやるせなさが積もっていきました。

 どうしても逆数が分からない子、朝食を食べて来られない子。幼い頃からそんな友達に出会うたび、彼らの可能性を最大限に発揮できる世界を作りたいという思いを強めてきました。でも、人は「社会を作る側の人間」と「そうではない人間」の2種類に分けられていて、私は永遠に後者なのでは――という恐怖にとらわれてしまいました。スタート地点が違うマラソンで、はるか前を走る人の背中を追いかけ続けている感覚です。

 昨年、そんな自分の葛藤をネットメディアの「note」に投稿すると、多くの反響がありました。私が抱いていた違和感は、私だけのものではなかったようです。

 記事の後半では東京工業大学理事・副学長と、教育社会学者が、それぞれの視点から学歴階級社会について考察します。

 階級を乗り越えた意識のある人は「私ができたんだから、できる」という言葉を使いがちです。自分の努力でここまでやってきた、と思った方が気持ちいい。でも、私も含め、自分の家庭環境や才能を見つめ直してみると、自分が授けられていた「特権」に気が付くはずです。

 ボストンの大学に合格し、財団の支援を受けて進学します。学びたいことで選んだ大学なので学歴という意識はありませんが、地元にも「学歴社会」の風潮はあります。でも、「九州の大学しかダメ」「国公立第1志望が当たり前」「女子は浪人するべきでない」という家庭が多く、都会の「学歴社会」とはかなり異なるものだと感じます。

 そもそも、日本の4年制大学の進学率は5割程度です。「学歴社会だ」と叫ぶ前に、偏差値のわずかな違いで優秀かどうか議論をしているのは限られた層でしかないということを、まず頭に入れるべきではないでしょうか。(聞き手・田中聡子)

     ◇

 2002年生まれ。公立小学校から中高一貫の長崎県立諫早高校へ。社会階層論などの研究者を目指している。

「力あれば評価される社会、望ましい」東京工業大学理事・副学長の水本哲弥さん

 両親が4年制大学を卒業していない人向けの奨学金制度「ファーストジェネレーション枠」を、今年度の学士課程入学者から始めました。東京工業大学として「私たちは歓迎しますよ」と発信することで、親の学歴によって感じる大学進学へのバリアーを少しでもなくしたい。環境のために諦めないでほしい、というメッセージを発信したかったからです。予想を上回る多数の応募があり、現在、十数人の学生がこの制度を利用して学んでいます。

 生まれ育つ場所や家庭には、どうしても差が生まれます。環境の違いが、入学前の学力の差になって表れている面もあるでしょう。私は新潟県出身ですが、そのころ地元には進学塾がなく、首都圏の学生とは差があったと思います。また、アルバイトをしなければいけない高校生に「やればできる」と言っても、そうでない高校生とくらべて勉強する時間をとりにくいことも確かです。

 さまざまな学生がいることが大切だという思いは、ずっとありました。私がここの学生だったころは、今よりも地方出身者の比率が高かったとも思います。多様な育ちの学生がともに学び、意見が混じり合う環境が、創造性を豊かにし、新しいことを生み出す力を育みます。東工大の学生は約90%が修士課程に進みますが、その過程で体験する研究でも、その先の社会でも、創造性を発揮する役割を期待されます。そういう意味でも、多様性を呼び込むこの制度の必要性を感じたのです。

 制度に対し「親が大学を出ていないことを経済的な困窮ととらえていいのか」という声もありました。月5万円を最大6年間付与するという支援の形をとったからですが、本当に支援したいのはお金でも学位を得ることでもなく、チャレンジする気持ちです。

 一番心配していたのは、「親が大学を卒業していない」と申告することに対する心理的なハードルでした。一般的な奨学金の申請では高校の校長の推薦などを求めることになっていますが、この奨学金枠はそうした書類は不要として、直接大学に申請できるようにしました。「両親が大学を卒業していない」ことは証明はできませんし、証明書の提出も必要ありません。

 学歴は学んだ結果、付与されるものにすぎません。本当は、大学に行かなくても、力を身につけていれば評価される社会が望ましい。ただ、就職活動などで「どこの大学を卒業したか」が重視される現実があることは、否定できません。「あなたは何ができるのか」「何を学んできたのか」ではなく、「学校名」を評価する社会になってしまっていることにはじくじたる思いがあり、社会全体として考えなければいけない問題です。(聞き手・田中聡子)

     ◇

 1956年生まれ。専門は電磁波工学。東工大大学院理工学研究科教授を経て、2018年から現職(教育担当)。

「教育は格差の固定化をもたらす面も」教育社会学者の中村高康さん

 「学歴の高い人の方が低い人よりも人生の様々なチャンスに恵まれやすい」「恵まれた家庭に育った人のほうが、そうでない人より高学歴になりやすい」――。そうした傾向を示唆する研究結果はたくさんあります。データを使った実証研究の成果です。

 日本でも「階層」や「格差」というキーワードとともに知られるようになりました。貧困が深刻化してきたことも、階層問題への関心の高さにつながっています。

 他方、「階級」と言われて多くの人が思い浮かべるのは「資本家階級と労働者階級」といった区分でしょう。階級社会とは、実体的で固定的な複数の集団が互いに明確に断絶されている社会です。

 では日本は、学歴によって複数の集団に断絶された階級社会なのでしょうか。私は、そこまで強い断絶はないと見ています。親が低学歴だと子どもは高学歴を得られないのかといえば、そこまで閉鎖されてはいないからです。

 ただし、チャンスに格差があるのは事実です。高学歴を持つ親ほど、我が子の教育に多くの投資をしたり進学に有利な情報を持っていたりする確率は高い。もしそうした人々ばかりのいる場に、不利な条件を持つ人が放り込まれたとしたら、「ここは階級社会だ」という実感を持っても不思議ではありません。

 父親の学歴が子どもの学歴に影響する――そうした「教育機会の階層間格差」が日本に本当にあったかどうかについて、大規模な全国データをもとに調査したことがあります。結果からうかがえたのは、戦後を通じて格差がほぼ一貫して存在してきた様子でした。大幅に拡大することも縮小することもなく、です。

 教育が社会に及ぼす影響は一方向ではないと考えるべきなのでしょう。教育は一面では、個々人に地位上昇の機会を提供し、社会の平等化に寄与するものです。ただ同時に、高学歴の親が我が子に高学歴を与える機会も提供する。教育は、格差の「固定化」ももたらすのです。

 こうした教育機会の不平等を、どうすれば解消できるのでしょう。大規模な教育改革をしようという議論には、私は賛同しません。大きな社会実験には、予見できない副作用がつきものだからです。

 効果的なのは、目の前で困っている人たちへの具体的な支援でしょう。家庭の事情でオンライン学習に取り組めない子どもがどこにどれだけいるのか、貧困のせいで進学が制約されている人はどこにどれだけいるのか……。実態をデータできちんとつかみ、そこに資源を投入していけば、成果は確実に上がります。

 遠回りに見えるかもしれませんが、そうした積み重ねの先にこそ、より良い社会の作り方は見えてくるはずです。(聞き手 編集委員・塩倉裕)

     ◇

 1967年生まれ。東京大学教授。著書に「暴走する能力主義」、共著に「教育と社会階層」などがある。