小池都知事「決め方、世界が見ている」 森会長後任人事

[PR]

 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が辞任の意向を固めたことを受け、東京都小池百合子知事は12日の定例会見で、「(後任を)どのような決め方にしていくのか、手続きの透明性も世界が見ている」と述べた。

 森氏の後任をめぐっては、森氏が11日、元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)と面会し、会長就任を要請。引責辞任する森氏が「後継指名」したことについて、12日の衆院予算委員会でも批判の声が上がっていた。

 小池知事は12日の会見で「この間、スポーツ界、そして何よりも東京大会を引っ張ってこられたのは森会長」としつつ、「どのような形でどのような人、そしてどのような発信をしていくか、世界が注目しているということは忘れてはならないと思う」と話した。