「森氏の後任に推す声ある」国会で問われた橋本五輪相は

[PR]

 東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の後任をめぐり、橋本聖子五輪担当相を推す声が出ているとして、12日の衆院予算委員会で、橋本氏が「お願いされたら引き受けるか」と野党から質問される場面があった。橋本氏は「こちら(委員会室)に座っていましたので、承知しておりません」と語った。

 後任をめぐっては、森氏が11日に元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏に組織委会長の就任を要請し、川淵氏も受け入れる意向を示していた。ところが12日午後になって川淵氏が辞退する意向との報道が相次いだ。

 そうしたさなかの衆院予算委で、立憲民主党城井崇氏は「会長候補として、橋本五輪担当大臣を推す声が出ている。白羽の矢が立つ状況だが、もしお願いをされたら受けるのか」と尋ねた。橋本氏は「そうした報道は、今の段階ではこちらに座っていたので、承知しておりません」とし、組織委の理事や評議員らを集めたこの日の合同懇談会で議論が行われるとの認識を示した。